沖縄県ローカルガイド・ビズ

沖縄県 ローカルガイド・ビズ

沖縄県 ローカルガイド・ビズ は、沖縄県内のさまざまな情報をディレクトリ形式で紹介するサイトです。レストラン、ショップ、企業、団体の情報や、地元で開催されているイベント・展示会情報に、観光スポットや実証実験なども紹介し、力強く発展する沖縄の地元情報を配信する、地域を応援する情報サイトです。 For English visitor, an English version of this website will be available, so please bookmark this page.

西の最端の県・ 沖縄県 は、香川県、大阪府東京都 の次に小さい面積の県。しかしながら人口は毎年増え続け (2019年 約1453,000人) 、出産率も1974年以降全国第1位をキープしています。その人口の9割は沖縄本島に居住し、特に那覇市を中心とした中南部に集中しています。41ある市町村の中で最も人口を占める市が那覇市、次に沖縄市、うるま市と続きます。(人口データ元)

県民経済計算 (GDP) は、実質約4兆3343億69百万円で47都道府県の中で33番目 (2018年) になり、2014年から増加傾向が続いています。産業構造は、第1次産業 (農業、水産業) が 4.0%、第2次産業 (鉱業、製造業、建設業) が14.9%、第3次産業は79.2%と大きく、その中でも医療・福祉業が15.7%、卸売業・小売業が15.0%の2つが大きく占めます。(GDPデータ元)

沖縄県の観光面では、日本人が沖縄旅行で消費する額は1人約6.9万円と47都道府県の中で最も高く、また訪日外国人の旅行先としても、47都道府県の中で10位に入る人気の訪問地です。観光客数も2012年以降増加を続け、2019年には1,029万人となり暦年で初めて1,000万人を突破しました。(訪問者数データ元)

各コンテンツの紹介

SDGs

10代の若者を中心にSDGsの認知度が高い沖縄県、県の施策と連動展開

沖縄県は2019年11月29日に沖縄県SDGs推進本部が設置され、同日に推進方針の目的とビジョン、方向性などが含まれる「沖縄県SDGs推進方針」が決定しました。取り組みについては、2010年3月に策定した「沖縄21世紀ビジョン」を元に、SDGsと重なる要素を重層的に展開しています。このビジョンの基本施策には次の5つの将来像を掲げられ、1. 沖縄らしい自然と歴史、伝統、文化を大切にする島、2. 心豊かで、安全・安心に暮らせる島、3. 希望と活力にあふれる豊かな島、4. 世界に開かれた交流と共生の島、5. 多様な能力を発揮し、未来を拓く島、のそれぞれに、SDGsの各種目標と合致するゴールが設定されています。

沖縄県は県民の SDGs に対する取組状況を把握し、今後の展開に役立てることを目的に、県民を対象としたSDGsの認知度調査を実施しています。SDGsの言葉についての認知は10代の年齢層が最も高い 52.1% ( 「はい:38.0%」「なんとなく聞いた事がある:14.1%」) でした。また沖縄県はSDGsの特設ページ (SDGs OKINAWA) を立上げ、関連イベントの告知や取組みの紹介、取り組みに賛同するビジネスパートナーの募集などを発信し、SDGsの認知度向上や活動の推進に取り組んでいます。

沖縄でSDGs未来都市に選ばれた市町村

沖縄県は2021年度に 内閣府 の「SDGs未来都市」と「自治体SDGsモデル事業」のダブルで選定されました。その他の県内では、サンゴを中心とした自然環境にやさしい地域づくりの取り組み (サンゴの村宣言) を行っている 恩納村 (おんなそん) が県内初となる2019年度にSDGs未来都市と自治体SDGsモデル事業に選定。2020年度には、地域の社会課題をSDGsと関連させ解決していく石垣SDGsプラットフォームを展開する 石垣市 がSDGs未来都市と自治体SDGsモデル事業に選定されています。

SDGs未来都市とは、SDGsの理念に沿った基本的・総合的取組を推進しようとする都市・地域の中から、特に経済・社会・環境の三側面における新しい価値創出を通して持続可能な開発を実現するポテンシャルが高い都市・地域を政府が選定するもので、2018年度から始まっています。また自治体SDGsモデル事業は、SDGs未来都市の中で先導的な取組を行っている自治体の事業が選定されます。

沖縄県のSDGs活動!イベントとSDGsに貢献している企業

SDGs (Sustainable Development Goals)

おきなわSDGsパートナー

沖縄県はSDGsの普及啓発の取り組みの1つ、「おきなわSDGsパートナー」プロジェクトを展開しています。SDGs の達成に向けた取組を行っている県内の企業・団体がパートナー登録の対象となり、2021年7月28日時点で200社がこの「おきなわSDGsパートナー」として登録されています。

登録された企業・団体は、県のウェブサイトで一覧として掲載され、SDGsへの具体的な取組内容が関連するゴールと共に紹介されます。

星のや竹富島

沖縄の伝統建築を踏襲した48棟の客室 (平屋) に約2万坪の敷地を有する滞在型リゾート集落

mapMarkerGrey 〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富...
協賛 / 後援
Top