千葉県ローカルガイド・ビズ

千葉県 ローカルガイド・ビズ

千葉県 ローカルガイド・ビズ は、千葉県内のさまざまな情報をディレクトリ形式で紹介するサイトです。レストラン、ショップ、企業、団体の情報や、地元で開催されているイベント・展示会情報に、観光スポットや実証実験なども紹介し、力強く発展する千葉の地元情報を配信する、地域を応援する情報サイトです。 For English visitor, an English version of this website will be available, so please bookmark this page.

首都圏の東側に位置する 人口 約6,282,000 の千葉県は、太平洋に突き出た半島で、京葉(けいよう)臨海地域に、石油精製・石油化学・鉄鋼など素材産業の企業がコンビナートが形成され、あらゆる産業に不可欠な原材料やエネルギーなどを供給しています。そして新都心の幕張(まくはり)では、アジア有数のコンベンション施設である 幕張メッセ を中核とし、オフィス、商業・アミューズメント施設など複合的な機能を備える国際業務都市となっています。

千葉県は、年間商品販売額が約12兆2,797億円 (2019年経済構造実態調査) で全国第9位、製造品出荷額等 (従業者4人以上の事業所) が約13兆1,432億円 (2019年工業統計調査) で全国第7位であり、商業・工業いずれも全国トップクラスとなるバランスの取れた活動が活発に行われています。

また観光面(ビジネス出張も含む)でも、国内の訪問先として47都道府県中3位にくる訪問者数(2019年:4338万人)が多い県なんです。訪日外国人の訪問者数でも47都道府県中、3位で1048.5万人(2019年)とベスト3内に入ります。このデータの詳細はこちらで確認できます

各コンテンツの紹介

SDGs

SDGsカラーの 千葉県 のマスコットキャラ・チーバくんとSDGsを推進!

千葉県 は SDGs を推進する機運を一層高めるため、県民等に親しまれている千葉県PRマスコットキャラクター・チーバくんを、SDGsのアイコンで使用される17色のチーバくんを作成。また、SDGsの「誰一人取り残さない」という理念を共有し、県民が関心と親しみを持ってもらえるよう「ちばSDGs」とし、SDGsを身近に捉えてもらえるよう取り組んでいます。

また不定期にオンラインによるセミナーなども開催され、2021年3月7日(日)に開催された「みんなで創ろう!SDGs!Part2~環境・経済・社会的課題の同時解決~」では、東京都市大学の 佐藤真久教授 によるSDGsの本質と千葉県の実状に即した環境・経済・社会的課題の同時解決のあり方について話し合われました。セミナー中は、意見や質問の書込だけでなく、参加者同士の情報交換、意見や回答に係るURLの照会等チャットの書込が活発に行われました。

千葉県のSDGsシンボルマーク・ちばSDGs

千葉でSDGs未来都市に選ばれた市町村

千葉県内の市原市が県内初となる 内閣府の「 SDGs未来都市 」として選定 (2021年度) され、「SDGs未来都市」の中で特に先導的な取組である「自治体SDGsモデル事業」にもダブルで選定されました。市原市は、令和3年度から令和5年度の3年間の主な取組を「市原市SDGs未来都市計画」としてまとめています。市原市のSDGsのページはこちら

SDGs未来都市とは、SDGsの理念に沿った基本的・総合的取組を推進しようとする都市・地域の中から、特に経済・社会・環境の三側面における新しい価値創出を通して持続可能な開発を実現するポテンシャルが高い都市・地域を政府が選定するもので、2018年度から始まっています。また自治体SDGsモデル事業は、SDGs未来都市の中で先導的な取組を行っている自治体の事業が選定されます。

千葉県 のSDGs活動!イベントとSDGsに貢献している企業

SDGs (Sustainable Development Goals)

千葉県最大級の環境活動見本市
「エコメッセちば」

1996年から毎年開催している「エコメッセちば」は、環境について子どもから大人まで楽しく学べる千葉県内最大級の環境活動見本市で、産学官民が連携して盛り上げています。

2020年の開催は初のオンライン開催となり、セミナーや、大学生らによるパネルディスカッション等、オンラインの利点を活かした視聴者参加型のプログラムが提供されました。

株式会社 ウィザースホーム

新昭和グループの注文住宅ブランド「ウィザースホーム」、SDGsにも寄与する住宅つくり

mapMarkerGrey 〒260-0835 千葉県千葉市中央区川崎町1番地39...
協賛 / 後援
Top