長野県 ローカルガイド・ビズ

長野県 ローカルガイド・ビズ

長野県 ローカルガイド・ビズ は、長野県内のさまざまな情報をディレクトリ形式で紹介するサイトです。レストラン、ショップ、企業、団体の情報や、地元で開催されているイベント・展示会情報に、観光スポットや実証実験なども紹介し、力強く発展する長野の地元情報を配信する、地域を応援する情報サイトです。只今、一緒にローカルガイド・ビズを作り上げて行く ボランティアを募集中 です! For English visitor, please click here.

長野県の地理と人口

中部地方 に属する長野県は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ「信濃国(しなののくに)」で、面積は13,562.23平方キロメートルあり、北海道岩手県、福島県に次いで4番目に広い面積を持っています。東京、名古屋から200キロメートル圏内と、各主要都市からアクセスしやすく、輸送、交通ともに利便性が高く、立地環境に最適な県として、移住したい都道府県ランキング1位にも選ばれています。人口は2,022,807人 (2022年8月1日現在) で、中部地方内では愛知県、静岡県に次ぐ多さです。県内では県庁がある長野市(369,702人)が最も多く、次に松本市、上田市と続きます。また平均寿命では徐勢は全国1位(87.68年)、男性は全国2位(81.75年)と、長寿な県でもあります。(都道府県別 人口ランキング

長野県の産業構造とGDP

8つの県と隣接する長野県は、高速交通網の結節点という利便性を併せ持ち、産業にも適し、加工組立型産業を中心に高い技術力を持った企業・人材が集積しています。県内総生産の約3分の1を占める工業分野が県の経済のけん引役となり、ハイテク産業では「東洋のスイス」と呼ばれる諏訪地域を中心に精密機械や電子産業が盛ん。顕微鏡や電子部品、ウォッチなどの出荷額は全国1、2位になります。中部地方 内でのGDP順位は人口数順位と同様に、愛知県(38兆6601億)、静岡県(16兆6852億)、長野県(8兆2198億)と3位で全国では18位に位置付けます。(都道府県別 GDP ランキング

観光訪問者数と消費単価

観光面では、2019年の日本人の長野県への旅行者数(県内・県外合わせ)は宿泊および日帰り合わせ32,867人でした。中部地方 内では、静岡県、愛知県に次ぐ3番目に多い数で、全国47都道府県中では11番目に多い旅行者数になります。消費単価は2万2千円と石川県(2.8万円)、静岡・山梨県(2.3万円)の次に多い金額です。訪日外国人数は、1,038人で中部地方内では愛知県、山梨県、静岡県、岐阜県に次ぐ多さになり、全国では17番目になります。また、訪日外国人の県内での消費単価は5万4千円と中部地方内では愛知県に次ぐ高さで、全国では12位となります。(日本人・訪日外国人の47都道府県ランキング

各コンテンツの紹介

SDGs

県内企業・県民とさまざまな取組を進め、SDGsの推進を強化する長野県

長野県は総合計画「しあわせ信州創造プラン2.0」に、SDGsの理念を反映した「確かな暮らしが営まれる美しい信州」の実現を目指しています。これは、SDGsの行動理念である「誰一人取り残さない」と、17つある持続可能な開発目標の11.「住み続けられるまちづくりを」を反映したものです。また、県はSDGsの達成に向けた主な取組をまとめた計画を策定し、学びと自治の力による「自立・分散型社会の形成」を掲げた SDGs未来都市計画 は、内閣府の「 SDGs未来都市 」に2018年度選定されました。

さらに県民へSDGsの認知度とその活動を促進させるために、SDGsについての「学び・交流・実践」をサポートするポータルサイト「信州SDGsひろば」を開設。SDGsについて広く学べるイベントやセミナーの情報や、県内でSDGsを実践している方を取材した映像配信、長野県公式 Instagram 「信州 SDGs Diary」の投稿を紹介するなど活発に取り組んでいます。長野の豊かな自然環境を活かし、質の高い環境を求める産業等の誘致をもたらし、こうした取組は持続可能なライフスタイルを図っていくことが可能となります。

信州SDGsひろば

長野でSDGs未来都市に選ばれた市町村

長野県は2018年度から始まった内閣府の「 SDGs未来都市 」に、他の28自治体と共に全国で初めて選定されました。県内では、大町市が2020年度に、長野市伊那市 が2021年度に選定されています。このSDGs未来都市とは、SDGsの理念に沿った基本的・総合的取組を推進しようとする都市・地域の中から、特に、経済・社会・環境の三側面における新しい価値創出を通して持続可能な開発を実現するポテンシャルが高い都市・地域が政府により選定されているものです。

NAGANO SDGs BUSINESS PORTAL

長野県は、SDGs達成のために具体的なアクションを進める県内企業等を紹介する情報ポータルサイト「NAGANO SDGs BUSINESS PORTAL」を立ち上げています。企業によるSDGsの取り組み活性化と、長野県を基点としたSDGsに関連するビジネスの創出、また企業等との振興を図るため、長野県独自の登録制度「長野県SDGs推進企業登録制度」を設けています。2022年9月10日現在、約1,600の登録があり、これらの登録企業は県のHP等へ掲載される他、登録マーク使用によるPR(自社ホームページ、パンフレット、社員証、名刺など)が可能となるベネフィットがあります。

SDGs (Sustainable Development Goals)

長野県の成長・基盤産業ゾーン

8つの県と隣接する長野県は、高速交通網の結節点という利便性を併せ持ち、産業にも適し、加工組立型産業を中心に高い技術力を持った企業・人材が集積しています。県内総生産の約3分の1を占める工業分野が県の経済のけん引役となり、ハイテク産業では「東洋のスイス」と呼ばれる諏訪地域を中心に精密機械や電子産業が盛ん。顕微鏡や電子部品、ウォッチなどの出荷額は全国1、2位になります。

産業は製造業が多く、長野の売上上位100社の約半分は製造業および関連会社になります。その次に多く占める産業分野は、卸売業・小売業1、次に医療・福祉、農業・林業・漁業、建設業、宿泊・飲食サービス、サービス業 (その他)、運輸・郵便という順位になります。長野の特性である精密、電子情報等の高い技術を活かし、成長期待分野への展開を官民連携により促進を図っています。

協賛 / 後援
Top