エコスタイル浜松入野店 - ローカルガイド・ビズ
What
  • アパレル・ファッション
  • エネルギー産業・関連サービス
  • グリーンビジネス・環境関連
  • コンピュータ・ソフトウェア
  • ショッピング・小売店
  • スタートアップ企業・投資家
  • スポーツ・運動
  • ビジネスサービス
  • ホテル・宿泊施設
  • まちづくり・都市開発
  • ものづくり
  • レストラン・カフェ・バー
  • ロボット・ロボティクス
  • 乗物・運搬
  • 住まい
  • 創業100年企業
  • 動物・ペット
  • 化学製品
  • 医療・介護
  • 協会・団体・機構
  • 建設・設備・建材
  • 掲載募集中
  • 教育・学習
  • 施設・会場
  • 物流・倉庫・こん包
  • 生活用品・サービス
  • 産業用機器・部品
  • 研究開発
  • 社会貢献活動
  • 素材・原料
  • 美容・健康
  • 芸術・工芸・縫製
  • 複合企業・多角化経営
  • 観光・娯楽
  • 農業・林業
  • 電子・電機・電器
  • 音響・映像
  • 食品・飲料
Where

創業20周年 リユースショップ・エコスタイル

エコスタイル は2001年に静岡県浜松市で創業 (現: エコスタイル浜松入野店)。不要となった洋服・ブランド品・時計や宝飾品などのファッション・ブランド品を買い取り、メンテ補修をして再び販売するリユース事業を展開。現在は本社を東京に移転し、銀座本店、新宿店、渋谷店、広尾店に4つの買取専門店を展開。また、大阪でに心斎橋店を、静岡浜松市西区に大型販売店の実店舗を展開しています。店舗での買取の他、出張買取や宅配買取も行っています。

エコスタイル浜松入野店 外観

静岡県最大級の洋服・ブランド品に特化した大型のファッション専門リユースショップ

取り扱いの品々は、ブランドバッグ、高級時計、宝飾品はもちろん、国内外に展開するセレクトショップのオリジナルブランドの洋服や服飾小物、食器やライターやパイプなどの趣向品に至るまでまで幅広く取り扱っています。時計修理や電池交換、ジュエリーリフォーム、靴のリカラーや靴磨きなどのメンテ補修を行い再び価値あるものへと蘇らせ、安心してご利用いただけるようメンテナンス作業にも力を入れています。

エコスタイル浜松入野店 2020年10月に移転増床オープン

2001年8月8日、静岡県浜松市にて「未来を生きる子供達に限りある資源を少しでも多くの残したい」という理念の下、子供服&子供用品専門の大型リユースショップとして創業したリユースショップ「エコスタイル」。店舗の増床により、2020年10月16日に大型のファッション専門リユースショップとして生まれ変わりました。売場面積は約760㎡、駐車場数は30台、商品点数は約1万2千点、買取接客ブース数も3ブースと拡張されました。

エコスタイル浜松入野店 店内
エコスタイル浜松入野店 店内
エコスタイル浜松入野店 3ブース
エコスタイル浜松入野店 スタッフ

無料催事スペース「TsunagaRe:」

エコスタイル浜松入野店 では、新たな取り組みとして無料催事スペース「TsunagaRe:」もスタートしました。このTsunagaRe:(つながり)は 地方創生/SDGS環境未来都市を目指す浜松市 (浜松市のSDGsページを見る) のコンセプトに共感いただける地域の企業やショップ事業者に無償で開放・利用できる、「地域」と「ヒト」を結びつける新たな交流の場として提供するもので、エコスタイルのSDGsの取組みの一環です。

無料催事スペース「TsunagaRe:」

会場面積は約30㎡(店内一部・店外一部)で、このスペースサービスをご利用いただいた出店者からは、出店料が無料なのはすごくありがたい、環境がとても整っている、空調もあり、広さなどがとても快適、店舗の立地が良いので多くのお客様が見込める、良いお客様が多い、など多くのコメントが寄せられています。

無料催事スペース「TsunagaRe:」

会場面積:約30㎡ (店内一部・店外一部)

駐車場にフードトラック

駐車場にフードトラック

エコスタイルのSDGsに対する3つの取り組み

エコスタイルは教育や平和、環境など、社会全般に対して最適で持続可能な選択肢を提供できる企業を目指すためのさまざまな取組をおこなっています。取り組みは SDGs に寄与するもので、発展途上国にBCGワクチンを提供するプログラムや子供たちの学びの場である学校を支援するプログラムなど、エコスタイルは SDGs活動に取り組む企業 です。

SDGs (Sustainable Development Goals)

1. 開発途上国へBCGワクチンの提供

「認定非営利法人 世界の子どもに ワクチンを 日本委員会」 (以下、JCV) とのタイアッププロジェクト(2009年4月より実施)を通じて、洋服やブランド品の買い取り1点につき、開発途上国へBCGワクチン1本分を寄付金として積み立て、毎月寄付活動を行っています。2021年6月末時点で寄付本数は累計956,306本を突破しました。

開発途上国へBCGワクチンの提供

2. 母校(子供たちの教育の場)を支援する仕組み

学校を支援したいと持ち込まれた洋服や着物、ブランド品等の不要なモノを査定し、金額の全部または一部を、学校法人へ寄付金として入金するシステム「キフカツ」を立上げ、学校法人とタイアップして循環型社会貢献型プログラムを展開しています。

キフカツ

3. 人と人のつながりで地元の経済を活性化

創業地である浜松市内にある大型販売店の店舗内外のスペース「TsunagaRe:」を地域に無償で提供して、モノとヒトだけではなく、ヒトとヒトとがつながり、新たな地域に眠る価値を再発見できる機会や場所として浜松市内の地域経済の活性化に貢献しています。

無料催事スペース「TsunagaRe:」
building Own or work here? Claim Now! Claim Now!

Claim This Listing

Top