名古屋三井ビルディング北館 | ローカルガイド・ビズ
What
  • アパレル・ファッション
  • エネルギー産業・関連サービス
  • グリーンビジネス・環境関連
  • コンピュータ・ソフトウェア
  • ショッピング・小売店
  • スタートアップ企業・投資家
  • スポーツ・運動
  • ビジネスサービス
  • ホテル・宿泊施設
  • まちづくり・都市開発
  • ものづくり
  • ロボット・ロボティクス
  • 乗物・運搬
  • 住まい
  • 創業100年企業
  • 化学製品
  • 医療・介護
  • 協会・団体・機構
  • 建設・設備・建材
  • 掲載募集中
  • 教育・学習
  • 施設・会場
  • 物流・倉庫・こん包
  • 産業用機器・部品
  • 研究開発
  • 社会貢献活動
  • 素材
  • 美容・健康
  • 芸術・工芸・縫製
  • 複合企業・多角化経営
  • 観光・娯楽
  • 農業・林業
  • 電子・電機・電器
  • 音響・映像
  • 食品・飲料
Where

名古屋駅の新たなランドマーク

名古屋三井ビルディング北館 は、名古屋駅前に立地しながらも空地や開放性の高い共用空間が確保された環境配慮型のオフィスと商業施設で構成される複合施設で、2021年1月に竣工しました。

愛知県 名古屋最大のビジネス地区である名駅地区に位置し、名古屋駅と地下街直結で徒歩4分以内という希少性の高い立地にある、地上20階・地下2階、延床面積29,450㎡の施設で、3階および5~19階はオフィス、地下1階から地上2階は商業施設で構成されています。

オフィスエントランスはビジネスストリートである錦通に面し、名古屋駅前の新たなランドマークに相応しい風格を備えます。商業施設はラグジュアリーブランドが軒を連ねる名駅通のハイエンドなブランドストリートに面するほか、地下街と直結したエスカレーターとエレベーターで地上と地下の回遊性を高めます。

地上では歩行者に配慮し空地を設け樹木を配するなど、都心部に潤いを提供します。また、高遮熱断熱Low-e複層ガラス採用による熱負荷の低減やLED照明の採用による消費電力の低減、オフィスロビーに愛知県産杉材を積極的に活用するなど、地球環境だけでなく地産地消にも配慮したサスティナブルな建物です。

名古屋三井ビルディング北館

用途:事務所、店舗、駐車場
敷地:約2,248㎡ (約680坪)
延床:約29,450㎡ (約8,900坪)
高さ:地上20階/地下2階 約100m
構造:S造 一部SRC造

名古屋三井ビルディング北館 ・オフィスエリア

オフィスエリアは、1フロア約1,000㎡でガラス面を広くとった開放的な事務室空間に加え、バルコニーやアクティブペリメーター(※)などの最先端の設備を備えた計16フロアです。

開放的で自然光が入る事務室空間

開放的で自然光が入る事務室空間

最上階の20階は、オフィスワーカー専用の共用エリアであるリフレッシュガーデン「キタソラ」を配置しました。オフィスでもなく自宅でもない「サードプレイス」として、都心の真ん中で緑に囲まれ空を見ながら、Wi-Fiが整備された開放的な空間の中で憩い働く環境を提供します。アイランドキッチンを配備し、貸切にすることで社内懇親会を行うことができるなど多様なコミュニケーションの促進を支援します。

空が見えるリフレッシュガーデン「キタソラ」

空が見えるリフレッシュガーデン「キタソラ」

また、一部のフロアには、貸室内から直接アクセスし新鮮な外気でリフレッシュできる「バルコニー」を設置しました。オフィスワーカーの知的創造力を刺激する環境を整備するなど、テナント企業の「働き方改革」の取り組みに貢献します。

事務室から直接出入りができるバルコニー

事務室から直接出入りができるバルコニー

12階および13階には、当社が法人向けに展開するシェアオフィス「ワークスタイリング名古屋」がサービスを拡充し2月26日(金)にオープン。フレキシブルサービスオフィス「ワークスタイリングFLEX」および多拠点型サテライトオフィス「ワークスタイリングSHARE」の両サービスを擁する名古屋初の大型拠点となります。

愛知県産杉材を活用した木ルーバーのオフィスロビー

愛知県産杉材を活用した木ルーバーのオフィスロビー

災害時の対策として、オフィス専用部では、15VA/㎡の電気供給を72時間行うことができる非常用発電機を設置するだけでなく、地震後10分以内に各階の被害を判定する建物被災度判定システムを採用しています。また、水害発生による浸水対策として、電気室などの重要施設を4階以上に設置しています。

アクティブペリメーター

アクティブペリメーター

※アクティブペリメーター
事務室空間の中で最も明るく居心地の良い窓側空間の天井にはダウンライトおよびスポットライトを、床には落ち着いた色のカーペットを標準配備することで、自然に会話が生まれるコミュニケーションエリアとして、また集中して知的創造作業を行うスペースとしてテナント企業に活用いただくことを目的とした新しいゾーニングコンセプトです。

名古屋三井ビルディング北館 ・商業エリア

商業エリアは、地下1階から地上2階で構成され、約13店舗となる予定です。地下1階は、旧「新名フード地下街」と「本ビル地下1階の商業部分」をデザイン的に融合し、新名称「キタチカ」としてデビュー。

キタチカ(本ビル地下1階南エントランス)イメージ ※旧「新名フード地下街」側から見たイメージ

キタチカ(本ビル地下1階南エントランス)イメージ

1階および2階は、世界各国で人気を誇るラグジュアリーブランド「GUCCI」の名古屋で2店舗目となるフラッグシップショップがオープンします。メンズおよびウィメンズのハンドバッグ、ウェア、シューズをはじめとする豊富なカテゴリーのアイテムを取り揃え、3月下旬にオープン。

キタチカ(本ビル地下1階エリア)イメージ

キタチカ(本ビル地下1階エリア)イメージ

2階は、日本発の世界的ブランド「SHISEIDO」を冠する「資生堂ビューティサロン名古屋店」が、今秋にオープン予定です。資生堂の美の精神を受け継ぎ、確かな技術と豊かな経験を誇るスタッフが、トータルな美しさを提案するビューティ&リラクゼーションサロンです。「キタチカ」には、旧「新名フード地下街」の既存店舗に加え「カフェ・ド・クリエ」が7月にオープン予定です。

宿泊予約は下から

楽天トラベル
Booking.com
Q Can this page be viewed in other languages?

Yes, this page has an English page, please click here.

building Own or work here? Claim Now! Claim Now!

Claim This Listing

Top