お菓子の南香 - 和菓子・洋菓子 - ローカルガイド・ビズ
What
  • アパレル・ファッション
  • エネルギー産業・関連サービス
  • グリーンビジネス・環境関連
  • コンピュータ・ソフトウェア
  • ショッピング・小売店
  • スタートアップ企業・投資家
  • スポーツ・運動
  • ビジネスサービス
  • ホテル・宿泊施設
  • まちづくり・都市開発
  • ものづくり
  • レストラン・カフェ・バー
  • ロボット・ロボティクス
  • 乗物・運搬
  • 住まい
  • 創業100年企業
  • 動物・ペット
  • 化学製品
  • 医療・介護
  • 協会・団体・機構
  • 建設・設備・建材
  • 掲載募集中
  • 教育・学習
  • 施設・会場
  • 物流・倉庫・こん包
  • 生活用品・サービス
  • 産業用機器・部品
  • 研究開発
  • 社会貢献活動
  • 素材・原料
  • 美容・健康
  • 芸術・工芸・縫製
  • 複合企業・多角化経営
  • 観光・娯楽
  • 農業・林業
  • 電子・電機・電器
  • 音響・映像
  • 食品・飲料
Where

温故知新の精神を継ぐ お菓子の南香

創業明治三十四年(1901年)の お菓子の南香 は、初代金蔵氏が遠武菓子店の屋号で創業したのが始まり。落雁の形菓子、カライモアメなどを当時は製造・販売。昭和15年(1940年)ごろに2代目となる伝(つたえ)氏が和菓子、蒸し菓子、焼菓子などの商品を増やしていき、そして1975年に今の3代目店主・遠武弘蔵氏が店を引き継ぐと洋菓子も手掛け展開。屋号を「お菓子の南香」に改名し、1992年には店舗の外観をお城の様に改築。それが地元の見所スポットに。現在は3代目の主人と一緒に4代目となった息子の遠武大輔氏が、福岡で和菓子を5年、洋菓子6年の修行を経て、和の素材を使用した今までにない洋菓子作りを温故知新の精神で励んでいます。温故知新(おんこちしん)、過去の事実を研究し、新しい知識や見解をひらくこと。

お菓子の南香: 三代目主人 遠武弘蔵 | 四代目 遠武大輔

お菓子の南香: 三代目主人 遠武弘蔵 | 四代目 遠武大輔

原料、製法、地産池消へのこだわり

お菓子の南香は宮崎県都城市にあり、霧島盆地に囲まれた大変自然豊かな所です。先代からの「地元に根付き、地元に愛される郷土銘菓を作る」教えを守り続ける為に、都城盆地でとれる有機栽培された原料にこだわり、生産者の方と直接お会いして、新鮮で安全で情熱と愛情こもった原料を使用しています。そして代々伝わる製法も、北海道産最高級小豆をじっくり炊き上げすぐに職人が練ることで小豆本来の風味を損なうことなく香り豊かに、南香独特の自家製餡製法です。当店でしか味わえない風味の豊かさや舌触りが特徴です。

お菓子の南香

お城風のお菓子の南香

和菓子

100年以上の歴史あるお菓子の南香・代々の製法を受け継ぎ、職人が一つ一つ手作りしています。島津荘園は、第25回全国姫路菓子大博覧会2008で名誉総裁賞受賞。霧乃栗金は、2013年広島菓子博大臣賞受賞。ここで紹介しているお菓子は一部です。

どら焼き

どら焼き

島津荘園

島津荘園

かるかん

かるかん

大地ゼリー

大地ゼリー

水ようかん

水ようかん

霧乃栗金

霧乃栗金

洋菓子

1975年の3代目店主・遠武弘蔵氏からはじまった洋菓子作り、4代目の遠武大輔氏も加わり和の素材を使用した洋菓子作りに励んでいます。ここで紹介している洋菓子は一部です。

チョコボ

チョコボ

チョコボ・抹茶

島津荘園

不思議な豆富プリン

不思議な豆富プリン

ロール4種

ロール4種 チョコ・プレーン・苺・抹茶

メープルプリン

メープルプリン

美人檸檬

美人檸檬

お菓子の南香 のお知らせ

代々受け継がれてきた和菓子製法と材料を活かして、糖質90%カットした マリトッツォ を8月1日から販売。糖質が高い材料などを和菓子で使用するものに置き換え、美味しさを落とさずに糖質90%カットする事に成功。詳細はこちら。

砂糖王子の罪悪感0マリトッツォ 生バニラ

下のショップで商品購入可

楽天ショップ
building Own or work here? Claim Now! Claim Now!

Claim This Listing

Top