株式会社 西部技研 - 環境保全・省エネ機器 | ローカルガイド・ビズ
What
  • アパレル・ファッション
  • エネルギー産業・関連サービス
  • グリーンビジネス・環境関連
  • コンピュータ・ソフトウェア
  • ショッピング・小売店
  • スタートアップ企業・投資家
  • スポーツ・運動
  • ビジネスサービス
  • ホテル・宿泊施設
  • まちづくり・都市開発
  • ものづくり
  • レストラン・カフェ・バー
  • ロボット・ロボティクス
  • 乗物・運搬
  • 住まい
  • 創業100年企業
  • 化学製品
  • 医療・介護
  • 協会・団体・機構
  • 建設・設備・建材
  • 掲載募集中
  • 教育・学習
  • 施設・会場
  • 物流・倉庫・こん包
  • 産業用機器・部品
  • 研究開発
  • 社会貢献活動
  • 素材・原料
  • 美容・健康
  • 芸術・工芸・縫製
  • 複合企業・多角化経営
  • 観光・娯楽
  • 農業・林業
  • 電子・電機・電器
  • 音響・映像
  • 食品・飲料
Where

環境機器部品の供給から、環境総合企業へ

1965年の設立の株式会社西部技研は、独自の技術をもとに、全熱交換器やデシカント除湿機、有機溶剤濃縮装置といった画期的製品を世に送り出してきた環境保全・省エネ機器メーカーで、福岡県古賀市に本社を構えています。

1974年にハニカム技術を実用化させ確立。ハニカムとは、ハチの巣という意味で、素材をハニカム状にすることで、空気抵抗が少なく省エネルギー、空気に接する面積が大きく機器の大きさに比べて効果が大きい、軽くて強いという特長が生まれます。機能性素材をハニカム状にしてさまざまな機器を開発。

代表的な開発品である活性シリカハニカム除湿ローター “SSCR”は、ハニカム状のローターにシリカゲルを合成した除湿ローターで、それまでの除湿機は、「臭いが出る」というクレームがありました。その原因を調べるために実験を繰り返し、当時の除湿機に一般的に使われていた塩化リチウムに原因があることを究明。その後、「臭いが出ない」除湿機の開発に1年間の試行錯誤を繰り返し、1984年に製品化に成功。日刊工業新聞「10大新製品賞」を受賞しました。

西部技研の製品

  • デシカント除湿機

    除湿機の心臓部である活性シリカハニカムローターを1984年に世界で初めて開発・商品化。従来の冷却式除湿機と違い、乾燥剤を使うことで10℃以下の空気でも除湿可能です。新たに開発した除湿ローターも搭載し高い性能を獲得しつつ、人体への安全性もより一層確保した次世代ローターです。

  • ドライルーム

    デシカント除湿機で「クリーン」×「低湿度」×「低コスト」を実現する、超低露点ドライルーム。ドライルームは、パネルで仕切られた部屋と除湿機などの乾燥空気を供給する装置がセットになったシステムで、除湿ローターを用いた除湿機からドライルームシステム全体までを一貫して設計対応。

  • グローブボックス

    広いスペースでも安定した湿度環境を作りたいというニーズからソリューション製品としてグローブボックスを開発。現在、超低露点空気グローブボックス、超低露点空気グローブボックス、低露点空気式グローブボックスの3種類がラインナップ。

  • VOC濃縮装置

    大気汚染の1つ、揮発性有機化合物(VOC= Volatile Organic Compounds)を、ハニカム技術を活かし、1988年にゼオライトを用いた有機溶剤(VOC)濃縮ローターの製品化。効率良く浄化・濃縮し作業環境改善や脱臭効果があります。

  • 一般空調用全熱交換器・顕熱交換器

    全熱交換器は、換気によって失われるエネルギーをリサイクルする省エネルギー装置で、世界初イオン吸着式で臭気移行を抑え、排熱回収設備として高い熱交換効率とIAQ向上を実現しています。

  • 産業空調用全熱交換器・顕熱交換器

    西部技研のアルミプレート式静止型顕熱交換器は、これまで利用されずに廃棄されることの多かった、VOCを含む低温産業排熱を回収して有効利用でき、O2排出量の削減やIAQ(室内空気質)の向上、省エネルギーに貢献します。

  • NMP冷却濃縮回収装置

    二次電池製造工場では大量のNMPが使用され、ドライヤ排気で空気中へ放出すると大気汚染の原因になります。西部技研のNMP冷却濃縮回収装置は、NMPを常温以下へ冷却することにより凝縮させ、ドライヤ排気に含まれるNMPを回収します。

  • ハニカムフィルター

    家電・事務機器・オープンショーケースなど身近な場所で使用でき、ティッシュのように薄く柔らかな素材からアルミなどの金属シートにいたるまで、用途に応じて様々な素材をハニカム状に成形することが可能です。ベースとなるハニカムに、触媒・吸着剤・脱臭剤等を効率的に添着・担持する技術も確立しています。

プロモーション動画

この動画は SeibuGikenOfficial が制作した動画です。

Q Can this page be viewed in other languages?

Yes, this page has an English page, please click here.

building Own or work here? Claim Now! Claim Now!

Claim This Listing

Top